【飲料メーカー】工場の仕事内容と年収・向き不向き・なり方

飲料の工場勤務って何をするの?

年収はいくらくらい?

飲料工場の求人はどう探したらいいの?

こんな疑問にお答えします。

飲料製造の仕事に興味があっても、工場の仕事内容は何をしているのかわからず、不安な方もいるのではないでしょうか。

わた編集長

もし自分に合っていなかったらどうしよう…と思いますよね

そんな不安を解消するため、当記事では飲料工場の仕事内容を詳しく解説します。

また年収と仕事の探し方もお伝えします。

この記事の結論
・飲料製造の仕事は主に3つの工程にわかれる
・飲料工場の年収は約500万円
・仕事を探すなら工場ワークスを利用

\この記事を書いた人/

◆実績

・大手飲料メーカーに14年勤務

・飲料メーカーの中の人の詳しい情報発信

・営業MVP社長賞受賞経験

わた編集長
目次

飲料製造工場の仕事内容

飲料製造には、メーカーの自社工場と、メーカーから委託を受けて飲料製造する「パッカー」と呼ばれる工場があります。

どちらも仕事内容はほぼ共通で、主に3つの工程があります。

①前処理

前処理工程では、主に原材料の調合や抽出を行います。

製品によって規格書があり、原材料の調合や水の割合を変え、タンクに流し込みます。

例えばお茶の商品の抽出業務であれば、季節や温度によって風味や渋みに差が出てしまうので、味を規格内に保つために繊細な作業が要求されます。

②充填

例えば缶コーヒーの場合、パレットに積んだ商品をコンベアに乗せて、1本づつ充填室に運びます。

その上で、できた製造液を昇温。

容器の内側を洗浄し、製造液を充填、最後に容器に缶蓋をのせ、締めます。

③殺菌・包装

こちらも缶コーヒーの場合ですが、蒸気で缶ごと殺菌(レトルト殺菌)し、検査機にかけて菌がいないかチェック。

賞味期限などを印字後、製品をダンボールに箱詰めします。

平均年収は約500万円

メーカーの自社工場か委託製造の工場かによりますが、正社員の平均年収は約500万円です。

飲料製造業は比較的安定しており、離職率も低いです。

また工場の仕事は福利厚生の面でも恵まれている場合が多いです。

飲料製造工場で働くメリット・デメリット

・給与が安定している
・残業が少ない
・営業力がほぼ必要ない
・天候の影響がなく楽
・自分の作った商品が店頭に並ぶ

以上のようなメリットがあります。

特に大手メーカーの工場は業績の安定感もありますし、潰れる心配も少ないと言えます。

逆にデメリットは以下の通りです。

・三交代なので深夜勤務がある
・真夏は暑い
・真冬は寒い
・工場内の人間関係がある
・衛生や安全に気をつける必要がある

飲料製造の現場は、衛生環境を保つための努力が必要です。

またお客さんに安心安全な商品を届けるため、虫1匹入れない環境作りが求められるので、作業環境を維持する努力がいり大変です。

飲料製造の仕事に向いている人

・まじめ
・コツコツと作業できる
・安全に気を配れる
・衛生に気を配れる
・モノ作りが好き

こんな人が飲料製造工場の仕事には向いています。

飲料の工場は、高度な製造機械が自動的に作業をしてくれる場合が多く、ミスが起きないのでやることが無い様に思えるかもしれません。

しかし万に一つの異変を見逃さない注意深さが製造の現場では重要です。

地道な作業や高い衛生意識が、飲料のブランドを守り、顧客の信頼に繋がっています。

単調な作業でもまじめにコツコツと取り組める人が向いていると言えます

飲料工場の仕事の探し方

工場ワークスには、正社員からアルバイトまで、飲料工場の求人が多く出ています。

また各飲料メーカーのホームページや、リクナビnextもチェックしてみましょう。

わた編集長

転勤なし、社員寮有りなど、良い条件の求人も見つけることができますよ

まとめ

飲料製造工場の仕事は、衛生面や安全面に気を配り続ける必要があるため、まじめにコツコツできるタイプの人に非常に向いています。

また給与や将来性にも安定感があり、福利厚生に恵まれているのも良い点です。

もし自分が飲料工場の仕事に向いていると思ったなら

・工場ワークス
・飲料メーカーHP
・リクナビnext

などで仕事探しできます。

飲料工場の仕事は人気の求人も多いです。

わた編集長

求人がなくなる前に、興味を持ったら早めに応募してみましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる